ホーム > かみあわせ治療

かみあわせ治療

かみあわせ治療

見落としていませんか?大切な「かみあわせ」良くないままだと、様々な体の不調(不定愁訴)の原因になる場合もあります。

「かみあわせ」って?

口の開け閉めは下あごを動かしますが、歯と舌が微妙にそれをコントロールします。
かみあわせは、おおまかにその最先端である「上下の歯のあわさり方」を差します。また、かんだときに顎や歯が落ち着く位置やバランスなども含みます。
「かみあわせ」が良くないと、歩く、立つ姿を見ただけで解る場合もあります。ご来院時に院長が気づいたときは、お伝えすることもあります。

「かみあわせ」を悪くする原因

虫歯や歯周病、事故などで歯そのものを失くした場合

一本でも歯が無くなると、別の歯がそれを補てんしあごや舌もそれに合わせます。次第にかむ位置が特定され、歯への加重が激しくなります。
又、親不知(おやしらず)や入れ歯、義歯と、既存の永久歯との関連もあり、歯を失うことの大きなリスクを物語っています。
交通事故などでの歯の欠損には、一般外科での通院と同時進行の治療もお勧めしています。

歯ぎしりや食いしばり

無意識に無理な力を加えることで、歯がすり減る、動くなどしてかみあわせが悪くなることもあります。

姿勢やクセ

横になり腕を支えにする、頬杖を付く、舌で歯を前へ押す、唇をすぼませ頬の内側で歯を中側へ押すなど、小さな力を加え続けることで影響がでます。

「かみあわせ」と全身の健康

「かみあわせ」と全身の健康

「かみあわせ」をご自身で気にされる方は少ないと思います。
でも、なんとなくでも「肩がこる」「頭痛が起こる」「気分が重い」と感じている方は少なくないと思います。その原因の一つが「かみあわせ」と言われています。

良くない「かみあわせ」のままでいることのリスク

適切でない「かみあわせ」が長く続くと、歯に余分な力が加わり「歯がうごく」状態になります。
このことは、あごのずれの原因にもなり、頭部を支える首の筋肉に負担をかけ、血行を悪くして、頭痛・肩こりといった症状の原因になる場合もあります。

血行の悪化は気分が沈むなどメンタル面のトラブルを起こすことさえあります。
歯やあごのトラブルは、食べ物が充分にかめず、胃腸など内臓への負担が増大させて、体調不調の大きな原因になることもあります。

正しい「かみあわせ」を作る

正しい「かみあわせ」を作る

1)根本的な歯科治療
 (虫歯・失った歯の補てんなど)
2)その人にとっての正しい歯並び
位置や歯の高さ
左右のバランス
を計算し、その位置にテンプレートなどを用い、歯を調整します。就寝時には、マウスピースなどを装着して頂き、歯が本来あるべき場所に落ちつけるようにしていくものです。

ひらて歯科クリニック TEL:052-261-6655